危険!中国産の牡蠣がヤバすぎる!

過去には農産物の産地偽装や殺虫剤の混入などがあり、中国産食品に対して悪いイメージを持っている方も多いことでしょう。農産物だけでなく、特に中国産の魚介類に関しては非常に危険なため注意が必要です。

今回は中国産の牡蠣を例に挙げて、その危険性をご紹介していきます。牡蠣というと産地に関わらずノロウィルスが気になりますが、中国産の牡蠣にはそれ以上に注意しなければならない危険があるのです。

まず、中国は世界で最も多く海洋ごみを排出し、さらに工業排水により日本とは比較にならないほど海洋が汚染されています。

牡蠣は大量の海水を吸い込み、中のプランクトンをこしとり成長するので牡蠣も汚染されている可能性があります。

さらに、中国では加工場などの衛生管理も酷く、見た目を良くするためだけに様々な添加物を使用している場合もあります。もちろん、中国にも衛生的でまともな加工場もあるでしょう。しかし、安全であることを確認できなければ、できるだけ口にするのは避けた方が良さそうです。

もちろん、中国にも衛生的でまともな加工場もあるでしょう。しかし、安全であることを確認できなければ、できるだけ口にするのは避けた方が良さそうです。