痛風のリスクを下げる牡蠣の食べ方

牡蠣は、ヘム鉄や銅、亜鉛などのミネラルやタウリンが含まれていて、ヘム鉄は体内に吸収されやすいので貧血防止にも役立ち、タウリンは疲労回復に効果があるため、栄養豊富な食材の一つと言えます。

ですが、100gあたりにおよそ184.5mgのプリン体が含まれていて、食べ過ぎると尿酸値が増え、痛風に繋がることもあります。

そのため、痛風にならない食べ方としては、レバーやカツオなどの他の高プリン体の食材を一緒に、あるいは同じ日に摂取しないことがポイントです。

また、牛乳やヨーグルトなどの乳製品や無糖のコーヒーには尿酸値を下げる働きがあるので、牡蠣をたくさん食べる時はそれらを意識して摂取すると、痛風の予防になります。