牡蠣の種類や産地による味や大きさの違い

生で食べてもフライにしても美味しく栄養も豊富な牡蠣ですが、産地は全国に数多くあり、養殖物が多くある真牡蠣と、天然物の多い岩牡蠣とがあります。岩牡蠣の旬は夏、真牡蠣は冬から春ですが、夏にも美味しい真牡蠣が取れる産地もあり、年間を通して美味しい牡蠣を食べることができます。

特に有名な牡蠣の産地は北海道や広島県、宮崎県などがあります。牡蠣は産地によってどのような違いがあるのでしょうか。

牡蠣の代表的な産地と味の特徴

牡蠣は自力で移動できる他の貝類とは異なり、岩などに付着して育ち一生その場を離れません。そのため、生育環境の影響を大きく受け、環境によって大きさや味が変わってきます。

海水の塩分濃度やエサとなるプランクトンの量などが牡蠣の味や大きさに影響を与えます。牡蠣の生産量日本一なのが広島県です。

全国の生産量の6割を占める一大産地で、広島の牡蠣は瀬戸内海に流れ込む川によって栄養豊富な環境で育つため大きく、濃厚な旨味が特徴です。

北海道の牡蠣は、大きくて甘みとコクがあり、濃厚でクリーミーな味わいが特徴となっています。中でも北海道の厚岸は、年間を通して牡蠣を出荷できる産地としては国内唯一となっていて、常に新鮮な牡蠣を出荷しています。

仙鳳趾(せんぽうし)やサロマ湖などの産地が有名です。宮崎県高鍋町の特産品の天然岩牡蠣は小ぶりでぷりぷりとした弾力と濃厚な旨味があります。

人気のブランド牡蠣

ブランド牡蠣も次々に登場し、牡蠣専門店「オイスターバー」なども増えてきています。特に有名な牡蠣のブランドには、北海道の「カキえもん」や「マルえもん」、広島県の「かき小町」などです。三重県の「的矢かき」は生産量が少なくとても高価な高級牡蠣として知られています。

北海道・宮崎県・広島県などいろいろな産地の牡蠣を美味しく食べよう

牡蠣の産地はいろいろありますが、産地によって牡蠣はそれぞれの美味しさがあります。美味しいだけでなく栄養も豊富で「海のミルク」とも呼ばれ、タウリンや亜鉛、グリコーゲンなどが豊富に含まれています。

牡蠣を食べるときに北海道産、宮崎産、広島産など産地を意識して食べ比べてみると、また一味違った牡蠣のおいしさを発見できるでしょう。