牡蠣の具体的な効能はどんな物か

冬の味覚の代表格である牡蠣は、とても多くの効能があるとご存知でしょうか。別名海のミルクと呼ばれているほどに栄養豊富な食品で、亜鉛やビタミン、タウリンなどを豊富に含むといわれています。

味覚に大きな影響を与える亜鉛だけでなく、免疫力や生殖機能への影響も期待出来るといわれる成分です。どれほど栄養価が高いか、知って適量を取ることが健康や美容に役立ちます。

牡蠣にはどんな栄養素が含まれている?

牡蠣に多く含まれているビタミンは、炭水化物をエネルギー源に変換するビタミンB1、脂質を代謝してエネルギー源にするB2、そして代謝率や核酸、神経機能の維持・改善、血液を生み出す効能があるといわれているビタミンB12です。

また、ビタミン以外に亜鉛や鉄、銅などのミネラル、アミノ酸、タウリン等も豊富に含まれています。1日に100g摂ることで、その日に必要なたんぱく質の三分の二、カルシウムの三分の一が摂取できるでしょう。

牡蠣の亜鉛が人体に与える影響

亜鉛は新陳代謝を促す作用が期待出来る成分で、全ての食材の中でもっとも豊富に含まれているのが牡蠣です。味覚を正常に保つ働きや、生殖機能や性欲を正常に作用させる働きも期待出来るため、子供がほしい人には大切な栄養素となっています。

また、風邪などに対して免疫力を高める効果も期待出来るため、風邪を引きやすい人は積極的に取り入れたい食品です。

過剰に摂取すると大変なことになる?

牡蠣は栄養価が高い成分ですが、過剰に摂取するとプリン体が豊富に含まれているため、通風になるリスクが高まります。

スポーツをよくやる人や尿酸値が高い人の場合には食べ過ぎると通風への懸念が増すため、食べすぎには注意が必要です。必ず加熱をしてから食べることで、ノロウイルスをはじめとした病原体の感染をも防げるでしょう。

適量を取っておいしく健康や美容に役立てよう

牡蠣の効能や適量を取ることの大切さを理解して食べることで、栄養面で身体に大きな影響を与えられます。通風へのリスクを回避するためにも、できるだけ適量を取ることが望ましいです。

栄養豊富な牡蠣だからこそ、おいしく健康的な量を食べることが自分の身体の健康を守るために大きく役立つでしょう。特に旬の季節は通常の時期よりも栄養価が高いといわれているため、おいしい季節に食べてください。